ザク サイド7に侵入 機動戦士ガンダム ザク
ザク3機 降下 ザク偵察

機動戦士ガンダム1st第1話のまとめですが、世界観や設定等の予備知識を入れたいという方はこちらから一度飛んで確認してきましょう。
機動戦士ガンダム1stとは? 予備知識 | 天照ラス神ノ煌キ

スポンサードリンク

 

機動戦士ガンダム第1話「ガンダム大地に立つ」

機動戦士ガンダム1st開始早々、ジオン公国軍のザクⅡが登場

連邦軍のV作戦の内容を探るべく3機のモビルスーツがサイド7に潜入します。

この段階のザクⅡは強そうなオーラがガンガン出ていますが、ガンダムの登場とともに強者の地位を持って行かれます(笑)

ザクというMSの名前の由来は「雑魚」をもじったとか…

機械いじりをするアムロ・レイ アムロ・レイ登場
ハヤト・コバヤシ と フラウ・ボウ ハロ登場

シャツにパンツ一丁で登場した天然パーマの少年が、この作品の主人公「アムロ・レイ」

アムロ・レイの幼なじみで隣の家に住んでいる少女「フラウ・ボウ」

座布団みたいなもの(柔道着)を担いでいる背の低い少年が「ハヤト・コバヤシ」

緑色の球体で手と足があるロボットは「ハロ」ですね。

この時点ではまだハロについての説明がありませんが、知ってる方も多いかと思います。

ガンダムの可愛いマスコットキャラクターです。

ホワイトベース ホワイトベース サイド7に入港
アムロの父親 テム・レイ アムロとブライトの年齢が明かされる

V作戦のために製造されたMS母艦「ホワイトベース」の登場

この頃はまだピッカピカですが、すぐにボロボロになってしまいます….

そして、アムロ・レイの父親「テム・レイ」と後のホワイトベースの名艦長となる「ブライト・ノア」の登場

2人の会話で、「アムロ・レイ」が15歳 「ブライト・ノア」が19歳で入隊6ヶ月だと話しています。

パッと見た感じアムロ17歳 ブライト25歳位に見えますが、設定年齢はかなり若い。

また、2人の会話から若い人が戦争に駆り出されているということからも、戦争が激化していることがわかります。

シャア・アズナブル登場 ジーンの命令無視
ザク・マシンガン 発射 ガンキャノン大破
再度、ザク・マシンガン発射 ガンタンク大破

数々の名台詞で人気を博し、またロリコンの疑惑が晴れないことで有名なシャア・アズナブルの登場

偵察任務にでていたザクのパイロット「ジーン」は、功績を焦り連邦軍の新型MSをザク・マシンガンで破壊する

赤い色のMSがガンキャノン、青い色のMSがガンタンクである。

初めてザクを見るアムロ ザクとアムロ
ザクに怯えるアムロ・レイ ザクに怯える民間人

爆発音に気づきホワイトベースへの避難を要請しようとしたアムロは、初めて間近にMSを見て驚き脂汗を流す

民間人の方たちもガクブル状態

連邦軍の自爆 極秘ファイルゲット

連邦軍がザクに向かって発射したミサイルが連邦軍士官の乗ったバギーに向かっていきそのまま爆発

アムロの前にGUNDAMのマニュアル手引書が飛んでくる

フラウ・ボウ吹っ飛ぶ フラウ・ボウの家族が死亡
避難するフラウ・ボウ アムロ決意

父親のテム・レイと口論するアムロ・レイを心配しにフラウ・ボウが向かう途中爆撃にあい

フラウ・ボウの親族は全員死亡してしまう…..

家族の死を悼む間もあるはずがなく、ただ懸命に避難船ホワイトベースを目指す

そんなフラウ・ボウを見てアムロ・レイは何かを決心し走りだす。

RX78-2ガンダム RX78-2ガンダム コックピット
ガンダムに銃を向けるザク ザク・マシンガンを被弾するガンダム
立ち上がるガンダム

ガンダム始動

決意を決めて連邦軍のMSガンダムに搭乗するアムロ・レイだったが、運悪くザクに気づかれてしまう。

動き出す前に仕留めようとザク・マシンガンをぶっ放すザクだったが、ガンダニュウム合金でできているガンダムの装甲は破れず…

ガンダムが大地に立ち上がる

あれだけのマシンガンを直撃して傷ひとつ無いガンダムの装甲が既にチートレベルの代物(笑)

ガンダムが張り手 ザクのひげをつかむガンダム
ザクを引き寄せるガンダム ザクをふっとばすガンダム

バケモノなのは装甲だけじゃない!!

張り手?で武器を弾いて、ザクのエネルギーパイプを掴んで、引き寄せて、吹っ飛ばすガンダム

吹っ飛ばされたザクは管が千切れてビルに激突してしまう。

装甲だけじゃなく、パワーや運動性能その他もろもろバケモノです。

逃げ支度をするザク 逃すもんかぁ
ビームサーベルでザクを切断 ザク爆発
爆発の衝撃でコロニーに穴が開く アムロの父親テム・レイが吸い込まれる
ザクのコックピットを一刺し ザク2機目撃破

化け物スペックのガンダムを見て撤退を図るジオン兵でしたが

「逃がすものかぁ-!」と、叫びながら

アムロがビームサーベルでザクの背中から真っ二つにぶった切って大爆発

サイド7に風穴が開き、アムロの父親「テム・レイ」が宇宙の彼方に飛ばされてしまう。

2機目のザクはしっかりとコックピットをビームサーベルで人指してK.O.

ガンダム初操縦とは思えない戦いぶりでしたね。

サイド7にミサイル発射 ムサイ
シャア・アズナブル シャア・アズナブル 名言

ここに来て、サイド7をムサイのミサイルで攻撃、爆破

シャア・アズナブル 「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを」

言ってることがイマイチよくわかりませんが、たぶん戦略ミスってことですね。

 

次回:機動戦士ガンダム1st 第2話「ガンダム破壊命令」

全話:機動戦士ガンダム1st | 電撃林檎-Dengeki Ringo-

 

 

機動戦士ガンダム 第1話「ガンダム大地に立つ」感想 レビュー あらすじ その他諸々
Tagged on:         

コメントを残す