ターンエーガンダムってどんな作品?

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

ターンエーガンダム 第2話「成人式」

第1話では、ロランが地球に上陸しキエル/ソシエ嬢の元で運転手として雇われて終わりました。

ターンエーガンダム 第1話「月に吠える」感想 あらすじ その他諸々 |天照ラス神の煌キ

第2話ではどうなるのか、以下続きます。

スポンサードリンク

ターンエーガンダム 大型望遠鏡で月を見る
ボステニア城からの連絡を受けるグエン卿 ミハエル大佐とグエン卿

大型の望遠鏡が配備されているヒルズソックスからボステニア城のグエン卿に連絡が入ります。

グエン「大佐、パレードは急ぐことになった。ついに招かねざる客が来る。」

招かねざる客とは一体何者か、後半で明かされることとなる。

ソシエ飛行機に乗る 飛行機に乗るロラン
ソシエ可愛い メシェーのお父さん パンツ一丁

∀ガンダム第2話「成人式」

戦闘機のようなものに乗って操縦する「ロラン」と「ソシエ」

メシェーに上手と褒められるソシエでしたが、ロランのほうが上手なことに嫉妬

メシェー曰く「ロランの機械のセンスは特別だよ」

他にも「メシェー」と「ソシエ」の会話から、ハイム家のお嬢様のソシエはミリシャ(軍)のパイロットを目指しているとか。

ソシエ「家の事ならおねえさまに任せる、あたしはお役人や商売人の奥さんなんて御免だもの。」

お祖父様の代から飛行機屋を営むメシェーのお父さん、彼が設計した戦闘機がミリシャの飛行機として制式採用され量産化される。

メシェーの父「戦争さまさまってやつだぁ」

月に吠えるロラン ドジっ子ロラン

成人式の前日から月の見える丘で野宿するロラン

ロラン「あっはっはっ、今日は僕の成人式だぁぁぁー!」

帰り道では坂で自転車からずっこけてしまう

よっぽど成人式が嬉しい様子、ドジっ子なところも相変わらず(笑)

キエルの洋服選び キエルとソシエを眺めるロラン

ボステニア城のパーティのための洋服選びをする「ソシエ」と「キエル」

それをにっこり眺めるロラン

ロラン「キエルさん、ますますディアナ様に似てきたみたい」

ディアナ様とは、1話でロランがキエルと重ねた女性でオープニングにも登場してます。

ミリシャの機関銃 ミリシャ(軍)の行進
キャンディを口に加えるソシエ ソシエのキャンディを横取りするキエル

ガリア大陸との戦争に備えて軍備を整えるグエン卿

機関銃を搭載した乗物に、機関銃を積んだ戦闘機と1900年代に近い兵器達が登場

 

キエル「本気でミリシャ(軍)に入るつもりなの?」

ソシエ「大学に行かないで、就職するのと一緒でしょ(キャンディーを咥える)」

キエル「お行儀悪いでしょ(キエルのキャンディーを没収、自分の口へ)」

キャンディー咥えてるソシエも可愛いけど、しれっと自分でキャンディー食べるキエルも可愛いい。

軍隊を上から見下ろす3人 将来を語り合う3人

フラン「ねえ、帰還が始まったらどうするの?」

ロラン「僕は帰還者として登録したくはないな」

キール「俺だってパン屋の修業を続けて、皆に旨いものを食わせてやるよ!」

フラン「私はここの新聞社の記者になってみせる!」

3人とも夢や目標を持って宇宙から地球に降りてきたようですね。

ボステニア城 ボステニア城に誘うグエン
グエンにお仕事を紹介してもらうキエル ロランに今後について尋ねるソシエ

ボスとニア城付近にて

グエン卿がローラ(ロラン)にボステニア城で働くように薦めるが、都会のノックスよりビシニティを希望する。

グエン卿に山師のシドの手伝いをするように言われるロラン(シドとは知り合いらしいが未登場)

キエル嬢がグエン卿にお仕事を紹介してもらおうとするが、キエルのご両親の介入でスルー(笑)

 

キエル「グエン様はどうしてロランをローラと呼ぶんですか?」

グエン「そうだねぇ、彼はローラのほうが似合うだろう」(※意味不明)

キエル「ローラは山師シドの手伝いをするの?」

ロラン「僕はローラじゃありません、ロランです(キッパリ)」

ソシエ「グエン様はローラ、ローラ、ローラ」

 

自然すぎて気が付きませんでしたが、確かにグエンは1話からロランのことをローラと読んでいるみたい。

そんな皆の疑問をキエルがグエンに直接聞いてくれます

が、グエン卿の返答は正直なところ意味不明すぎる!

ローラというと女性っぽい名前ですから….えぇー

キエルはこの返答を貰ってどう思ったんでしょう?(気になるー)

ちなみにロランはどう思っているのかと思ったら、ローラをキッパリ否定してます(笑)

無表情かつキッパリと否定してますから本人は嫌なのだろうか?

ソシエとモブキャラのサービスシーン モブキャラとソシエのサービスシーン
ホワイトドールとソシエ 地元の人達と混ざるロラン 

1話に続き2話でもあります、ソシエとモブキャラのサービスシーン

ちょっと頻繁すぎない?と思ったりしますが、必要なシーンといえば必要なシーン

成人式でつける聖痕の場所を確認しあってるみたいです。

成人式で「ホワイトドール」という言葉が歌の歌詞に出ていますが、ソシエの後ろにある石像がそれです。

グエン卿とキエル 電線を使わずに通信できる装置

ここで、月に住む人という種族の者達「ムーンレイス」という言葉がでてきます。

 

グエン「そう語る連中(ムーンレイス)が入職したいというのでミリシャを増強したのです」

キエル「そんなに大勢の人が押し寄せるので?」

グエン「イングレッサだけではない、北アメリア大陸のサンベルト地帯を寄越せというのです」

 

感の良い方なら、ロランやフラン、キースが月からやってきたと分かるかと思います。

ソシエとロラン 裸になるソシエ
裸になってヒルを待つソシエ ヒルに怯えるロラン
裸のロランとソシエ ノックスが火事

いよいよ、地元の成人式の始まり

成人式の聖痕とは、背中にヒルを吸い付けて地を吸わせる儀式だったのです(怖ー)

裸になって聖痕(ヒル)を待つソシエとヒルに怯えるロラン

勇気を振り絞ってヒルをソシエにつけようとした瞬間、ノックスのほうが明るくなる

ソシエじゃないけど金魚ダサいーと思ってたら、ロランの股間を隠すために使われてます(笑)

ポゥ・エイジ中尉登場 ウォドム
戦闘機がウォドムに攻撃 銃弾を弾くウォドム
超強力な光熱ビームレーザー ビームレーザーによって消し飛ぶ自然

いよいよ、月の先遣部隊が降下してきます

ミリシャの戦闘機部隊が月のMS(ウォドム)に攻撃を仕掛けるも、固い装甲の前では意味をなさず

ポゥ・エイジ「野蛮人が、ふざけるんじゃないっ!!!」」(極太ビームレーザー発射)

木々が一瞬にして消し飛び、町の方まで被害が及びます。

「本当の野蛮人はあんただよっ!」ってツッコンを入れたのは、私だけじゃないはず。。。

ホワイトドールが崩れる 髭ガンダム登場
ターンエーガンダムのコックピットに乗るソシエとロラン ビーム・ライフルを構えるターンエーガンダム
ソシエに抱きつくロラン ビーム・ライフルを発車するターンエーガンダム
ウォドム直撃 銃身が焼き切れる

突然ホワイトドール(石像)が崩れ始めて、中から髭ガンダムが登場!!

ロランとソシエがコックピットに乗ると、勝手に動き始めビーム・ライフルを構えて発射

月のMS(機械人形)に直撃して撃退するも、ビーム・ライフルの銃身が焼け切れてしまう

髭ガンダムの登場よりもロランがソシエ嬢に抱きついていることの方が問題だっ!(異端査問会を開くべき!)

 

比較的平和だった世界は、月の先遣部隊の登場によって一変してしまいました。

そして、月の先遣部隊の登場で目覚める髭ガンダムこと∀ガンダム!!

ムーンレイスと呼ばれる種族の存在(ロラン、フラン、キール)

ちょっとずつでは有りますが、∀ガンダムの世界観のようなものが見え始めてきました。

ひょうんなことで∀ガンダムが現れたからいいものの、ミリシャとムーンレイスとでは戦力差が圧倒的だ(笑)

地球人は戦闘機しか持っていないのに、ムーンレイス達は破壊力MAXのレーザーを搭載したMS持ち

次回以降どういった展開に進んでいくのか、お楽しみに。

ターンエーガンダム感想まとめ | 電撃林檎-Dengeki Ringo-

 

 

ターンエーガンダム 第2話「成人式」 感想 あらすじ 諸々
Tagged on:     

コメントを残す