スポーツバイクデビューをしました、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

前回、名古屋のワイズロードという自転車ショップに行って、クロスバイクの購入手続きを済ませてきましたという記事を書きました。

自転車チューンに1ヶ月半も掛かるという信じがたい自体でしたが、ようやくチューンが終わって実際に色々乗り回してきました!

早速購入レビュー体験レポート的な記事を書こうと思うのですが、クロスバイク初購入&初体験になるので、「Giant Escape Air」と他のクロスバイクでの比較が出来ません。。。

ですから

今回の記事では、ママチャリタイプの自転車と「Giant Escape Air」(クロスバイク)を比較する形式で感想をまとめていこうと思います。

クロスバイク GIANT ESCAPE AIR 2014モデル購入手続き完了しました。 | Cyber PG Station

スポンサードリンク


加速のノリがスムーズ!

止まっている状態からそのギアの最高速度に到達するまでの時間がとても速い!

軽いギアでちょっと漕げばすぐにスピードが乗ってくるので、ドンドン重いギアに変えてスピードが乗ります。

漕いですぐにスピードが乗ってくるので、自転車漕ぐのが楽しいですね。

 

最高スピードで走行が爽快!

これはママチャリとの大きな違い!

ママチャリだとどれだけ一生懸命漕いでもスピードが頭打ちになりがちですが、クロスバイクはビュンビュンビュンビュンと進みます!

歩道をスイスイ漕いでいくのも楽チンでそれはそれで楽しいものなんですが、スピードを付けて車道の横をを駆ける爽快感が実に気持ちく感じられます。

あの風を切って走る感覚は病みつきになって堪らないですね。

スピードを出すときは安全第一ですから、極力車の迷惑にならないように、自己防衛のためにも、車道が広い道路や白線の余裕がとってある場所で走るのがいいですね。

 

坂道もスイスイ進む

斜体が軽いおかげなのか、ちょっとした坂道ならスイスイ漕いで行けます。

坂道でも軽く焦いでいけるのは、本当に助かります。

 

走行時の衝撃がキツイ

スピードを重視した細めのタイヤのせいなのか、走行時の衝撃は凄まじい。

ママチャリで軽い段差を超えるのが「どんっ」だとすると、クロスバイクの場合は「ごんっ」

ママチャリで凸凹した道路を走ると「どんっどんっどんっどんっ」とすると、クロスバイクの場合は「ごんっごんっごんっごんっ」

と言った感じになります。

歩行時だと全く気にならない軽い凸凹道もクロスバイクだと結構な衝撃になって、腕や尻に伝わります。

凸凹道の際は、お尻を少し上げて、膝で衝撃を和らげて受けるといったテクニック?がありますが、凸凹道が続く場合はキビシイですね。

大きな道路の車道であれば、きちんと整備されていることが多いので走るなら大通りの方がいいかもしれません。

 

初めてのクロスバイク(Giant Escape Air)でサイクリングしてきた感想など

コメントを残す