図書館戦争シリーズをiBooksで読んでみた

どうもこんにちわ、最近勉強の合間の読書に没頭している東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

2週間くらい前から、iBooksにも日替わりのブックが登場しました。iBooksメインで電子書籍を購入しているので、Appleがやっと動いてくれて嬉しいですね。

要するに、Apppleの方がオススメする本で割引きセールがされるコーナーです。iPhone等のAppStoreでは「今週のApp」というようなコーナーのバナーを見たことがあるのではないでしょうか? で、先週に前々からもう一度読みたいなと思っていた有川浩の「図書館戦争シリーズ」の1巻が半額セールで販売されていたので、それを機に外伝まで全部読みきりました。何度読んでも楽しめる作品だと思います。

今回はそんな感じで図書館戦争シリーズについての内容になっております。

 

スポンサードリンク

 

★図書館戦争シリーズとは

図書館戦争シリーズとは

「図書館戦争シリーズ」の独特な世界観になっています。良化法という法律によって絵本や小説、漫画、雑誌等に至る全ての本が良化委員会という国の組織によって強制回収されてしまう。表現の自由は日本国憲法で保証されている守られるべき国民の権利だ!ということで、急遽良化委員会に対向するべく発足された「図書隊」との本をめぐる世界のお話です。

図書館戦争 – Wikipedia
『図書館戦争』(としょかんせんそう)シリーズは、アスキー・メディアワークスより出版されている有川浩の小説。イラストは徒花スクモ。シリーズは『図書館戦争』(2006年2月)、『図書館内乱』(としょかんな …

 

 

★物語の導入

スポーツ系で本を読むのも好きな主人公「郁」(当時高校3年生)が10年ぶりの続編となる小説の続きを本屋に買いに行くと、買う寸前のところで良化委員会の検閲(強制改宗)に出くわす。万引きの汚名を背負ってまで本を守ろうとしたが虚しく、良化委員会に突き飛ばされ本を没収される。そのとき、近くに居合わせた図書隊の男が「見計らい権限」(重要図書として図書館で保管する)を行使して、没収された本を取り返し「郁」に返す。

図書隊の人のように「良化法から本を守れる、正義の味方」になりたい、私から本を取り返してくれた王子様に会いたいと図書隊に入隊。厳しい教官のもとで憧れの王子様を追いかけるが。。。

 

 

★図書館戦争の魅力

図書館戦争シリーズの魅力はどこなんでしょう?(笑)

私は本を読む時深く考えないで読んでしまう質なんで、うまく説明できるかわかりませんが「キャラ」と「世界観」ですかね。

元陸上部で身体能力でも男と張る身長170cmの戦闘職種の女主人公に、正義感や責任感が強い教官、何でもそつなくこなす才女に、真面目系エリートで不器用な同期に、無茶苦茶だが頼りになる隊長などなど、個性的で魅力的な登場人物がたくさんいます。外伝も合わせて全6巻なので、主要キャラを軸に話が展開されていくので出番を待たなくていいのも個人的には嬉しいポイントです。

 

世界観は読んでいると簡単に引き込まれるような感じで、とても読みやすいと思います。在り来りの設定ではなく、図書館と軍隊のマッチに癖っ毛のあるキャラたちが必死に図書を守ろうとしているのが、よく分かる作品かと。あとは、訓練をしながら図書業務を覚える日常に、突如発生する大事件という展開も個人的には良かったです。

 

 

★アニメ化、映画化

「図書館戦争シリーズ」はかなり有名で、アニメ化や映画化などメディア展開は多岐にわたっているようです。有川浩が有名なのか、図書館戦争シリーズが有名なのかわかりませんが名前位は聞いたことあるひとも多いのではないでしょうか。

「図書館戦争」公式サイト
アニメ版のキャラ初見ー。

映画『図書館戦争』公式サイト
想像と似てなくもない感じ

 

 

★終わり

ふー。慣れないレビューみたいなことは疲れますね(笑)

私正直レビューみたいなことはかなり苦手で、このブログではゲームであれ本であれアニメであれ書かないことにしていました。FC2ブログやYahooブログ時代の教訓ですかね(泣) FC2ブログの末期のレビューは画像貼って、一口レビューに留めるほかなかったほどに… ですが今回、図書館戦争シリーズは本当に面白い作品だ、せっかく読んだんだからレビュー書きたいな、ということで今回レビューを書くことにしました。稚拙な文章ですが、まあ、前回以前のレビューよりはまともなレビューになったかなと個人的には思っています。

 

 

★少女漫画板が発売されてる?

図書館戦争 少女漫画板

そして、この記事を書くためにいろいろ調べていたら発見したビッグニュース。図書館戦争の少女漫画が発売されているらしい!?原作が漫画化された作品って原作既読者からすると、物足りなかったりなにか違ったりするのであまり読まないようにしているのですが、少女漫画として出ているなら読みたいです。実際アニメ版は絵が余り好きじゃないので、見ていません。図書館戦争はどっちかって言うと少女漫画のような雰囲気で書いてあったほうが近い感じがします。

 

thirty minute later……….

 

早速Kndle(嫌々)で試し読みさせてもらいました。絵はかなりいい感じで拒絶感は全然ありません。むしろ早く買って読みたいです!Appleさん、もしくは出版社さんiBooksでも図書館戦争の漫画版を販売してください。( `・∀・´)ノヨロシク

 

iBooksで登場するまで待てないし、明日にでも買いに行こうか…iBooksでしか買わないと決めたのに……<<<<<<葛藤中>>>>>

 

と、まあ本当に楽しい作品ですので、ぜひ読んでみてください。

 

 

★iBookstoreのリンク

読むならもちろん、iBooksですよね。Amazonで買う方は自分で検索してください。

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (01) – 有川浩
図書館内乱 図書館戦争シリーズ (02) – 有川浩
図書館危機 図書館戦争シリーズ (03) – 有川浩
図書館革命 図書館戦争シリーズ (04) – 有川浩
別冊 図書館戦争I 図書館戦争シリーズ (05) – 有川浩
別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ (06) – 有川浩

 

 

図書館戦争シリーズをiBookStoreで買って読んでみた
Tagged on:     

コメントを残す