C言語 プログラミング

 

スポンサードリンク

 

printf関数

定数や変数の値をコマンドプロンプト・ターミナルに出力するにはprintf関数を使います。

printf関数はそのままプリントエフ関数と読み、末尾についているfはformat/フォーマットを意味します。

タイトルにもある通り、printf関数は数値を書式化して出力する関数になります。

 

int型、double型の基本的な出力例が次のサンプルコードです。

int型は%の後ろに変換修飾子dをつけて、ダブルクオーテーションの後ろに変数を記述します。

double型は%の後ろに変換修飾子fをつけて、ダブルクオーテーションの後ろに変数を記述します。

 

printf関数 – 書式設定

printf関数の書式設定は%の後ろに記述を施すことで利用できます。

%(フラグ)(最小フィールド幅).(精度)(変換修飾子)(変換指定子)

となります。

フラグ

意味
数値をフィールド内に左詰めで表示する。
+ 数値の前にプラス・マイナス記号を付けて表示する。
空白 数値の前に空白を付けて表示する。
# #o(8進変換)の場合数字の前に0を付けて表示する。
#x(16進変換)の場合数字の前に0xを付けて表示する。

 

最小フィールド幅 意味
任意の10進整数 表示する文字数が指定した数より小さい場合、最小フィールド幅を満たすまで左側に空白または0を付けて表示する。

 

精度 意味
任意の10進整数 整数型の場合最小の桁数、浮動小数点型の場合小数点文字の桁数

 

変換指定子の詳細は省略

 

変換指定子 意味
d,i int型の実引数を10進整数に変換して表示する。
f double型の実引数を10進整数に変換して表示する。
c int型の実引数をunsigned char型に変換して文字を表示する。
s 文字列配列を表示する。

 

おすすめの参考テキスト

C言語 – printf関数 値を書式化してを表示する
Tagged on:

コメントを残す