iTunesのアイコン画像です。

こんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

iTunesに設定した歌詞をiPhoneのミュージックアプリでは表示できますが、iTunes本体の場合歌詞の表示機能って見つかりませんよね。

なぜか本家音楽プレイヤーiTunesでは歌詞表示機能が実装されていません。

強いて言えば歌詞を登録する際に用いる、プロパティの歌詞タブから確認することもできますが、お世辞にも使いやすいとはいえません。

今回はiTunesで歌詞を表示するプラグインを紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

Cover Version – ダウンロード

まずは下記の公式サイトよりCover Versionというプラグインをダウンロードします。

ダウンロード / iTunes Visualizer: Cover Version

iTunes Visualizer- Cover Versionの公式ウェブページのスクリーンショットです。

ダウンロードした圧縮ファイル(ZIP)を展開・解凍すると次のようなファイルになります。

cover versionの解凍したフォルダのスクリーンショットです。

Cover Version – インストール

次はiTunesがインストールされているフォルダを開きます。

C:\Program Files\iTunes

cover-version-install (2)

iTunesフォルダの中に「Plug-ins」というフォルダがない場合は、新規作成でPlug-insというフォルダを新規作成します。

そして先程ダウンロードしたCoverVersion.dllをコピー・アンド・ペーストでPlug-insフォルダに保存します。

(Program Filesフォルダに変更を加える際はアカウントを管理者権限でログインしておく必要があります。)

coverversion.dllのスクリーンショットです。

Cover Versionのインストールはこれで終了です。

Cover Version – iTunesの設定

iTunes側の設定を行っていきます。

キーボードのAltキーを押してiTunesのメニューバーを表示させ、表示 > ビジュアライザ > Cover Versionを選択します。

iTunesでビジュアライザーをcoverversionに変更しているスクリーンショットです。

ビジュアライザを変更したら表示 > ビジュアライザを表示でビジュアライザを表示させます。

iTunesでビジュアライザを表示を選択しているスクリーンショットです。

楽曲に設定しているアルバムアートワークと歌詞が表示されれば、プラグインの導入は成功です。

Cover Versionを表示しているスクリーンショットです。

通常の楽曲一覧画面に戻りたい場合は先ほどと同じように表示 > ビジュアライザを隠すまたはキーボードのCtrl + Tでビジュアライザをオフにできます。

 

Cover Version – iTunesで歌詞を表示するプラグイン
Tagged on:

コメントを残す