blueMSXの起動画面のスクリーンショットです。

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

今回紹介するソフトはblueMSX

blueMSXはSVI318/328, MSX, MSX2, MSX2+とturboRに対応したエミュレーターソフトです。

使い方も簡単で動作も安定しているためMSXシュミレーターの中でも人気があり、ソフト本体も日本語化されておりヘルプも充実しています。

また周辺機器にも数多く対応しているのも大きな特徴です。

本記事ではblueMSXのインストールと基本的な使い方について記載します。

 

スポンサードリンク

 

blueMSX – ダウンロード

blueMSXの公式ウェブページからインストーラーをダウンロードします。

blueMSX ダウンロード / http://bluemsx.msxblue.com/jdownload.html

blueMSXウェブのダウンロードページのスクリーンショットです。

blueMSX – インストール

ダウンロードしたインストーラを起動します。

blueMSXのインストール画面のスクリーンショット1です。

インストールの場所とインストールするユーザーを選択してインストールを完了させます。

blueMSXのインストール画面のスクリーンショット2です。

blueMSX – 設定

基本的に特別な設定をする必要はありません。

ツール > マシン構成でエミュレーションしたい機体を選択します。

blueMSXのマシン構成の設定のスクリーンショットです。

ここでは「Metal Gear」を起動させるために「MSX2 – Japanese」に変更しています。

(合わないマシンでソフトを起動させるとMSXの起動画面でループします。)

blueMSX – コントローラー設定

コントローラーなどの周辺機器を使う場合はツール > コントローラー・キーボード構成編集 で設定できます。

blueMSXのキーボード・コントローラー設定のスクリーンショットです。

PS3のDUALSHOCK3を使う場合は2ボタンジョイスティックに設定します。

標準のボタン割り当ては、十字キー, マルボタン, サンカクボタンが有効になっています。

(ボタン割り当ての設定は確認できませんでした。)

blueMSX – ソフトの起動

ソフトを起動する際は、ロムイメージディスクイメージテープイメージのいずれかよりソフトを選択し読み込みます。

各機能で対応している拡張子は以下のとおりです。

ディスクイメージ:*.dsk, *.di1, *.di2, *.360, *.720

ロムイメージ:*.rom, *.ri, *.mx1, *.mx2, *.col

テープイメージ:*.cas, *.tap

またZIP(圧縮)形式のままイメージファイルを読み込むこともできます。

blueMSX – ロムイメージの起動

ここではロムイメージでソフトを起動させます。

ソフト本体のメニューバーのROMスロットを選択します。

blueMSXのROMスロットのスクリーンショットです。

起動するイメージファイルを選択します。

ここではMSX2対応のMetal Gear1(KONAMI)を選択しています。

ZIPの中身の拡張子はmx2ですが圧縮形式のまま読み込むことが可能です。

Metal Gear MSXのZIPのスクリーンショットです。

MSX2対応Metal Gearが起動しました。

blueMSXでメタルギアを起動したスクリーンショットです。

blueMSX – Save

blueMSXのセーブはメニューバーのCPUステート保存を選択します。

blueMSX-CPUステート保存のスクリーンショットです。

保存したいディレクトリを選択してsaveで保存できます。

blueMSXの保存スクリーンショットです。

この機能の他に簡易保存機能のクイックセーブ機能もあります。

blueMSX – Load

blueMSXのロードはセーブと同様にCPUステート読込を選択します。

blueMSXのCPUステート読み込みのスクリーンショットです。

セーブファイルを選択してloadで以前の状態が読み込まれます。

blueMSXのCPUステート読み込みダイアログのスクリーンショットです。

この機能の他に簡易保存機能のクイックロード機能もあります。

シンプルで軽快な動作

KONAMIのMSX対応MetalGearの画像です。

基本的な操作については以上でオシマイです。

blueMSXは録音機能やキャプチャ機能、スクリーンショット機能なども備わっています。

こちらは記事を分割していますので必要な方は参考にしてください。

それでは。

 

本記事と関連ある書籍

blueMSX – MSXエミュレーターのインストールと使い方
Tagged on:     

コメントを残す