MY NTEmacs

EmacsはHOMEディレクトリに置かれている設定ファイルを読み込みます。

DropboxのフォルダにEmacsの設定フォルダを置くと、複数のPCでEmacsの設定ファイルが共有できるのでとても便利です。

しかしそうすると、設定ファイルをHOMEディレクトリ(ユーザーディレクトリ)に置けなくなるので、OSのシンボリックリンクという機能を用いて対応させてみます。

前提として、ユーザーディレクトリを環境変数HOMEに追加してあることとします。

 

スポンサードリンク

 

シンボリックリンクとは

シンボリックリンクとはWindowsのショートカット機能と似たような機能です。

シンボリックリンクとは、OSのファイルシステムの機能の一つで、特定のファイルやディレクトリを指し示す別のファイルを作成し、それを通じて本体を参照できるようにする仕組み。リンクは本体と同じディレクトリに置いても良いが、通常は別の場所から参照できるようにするために作成される。UNIX系OSでよく用いられるもので、Windowsでも利用することができる。

ショートカットがエクスプローラから作成できるのとは異なり、シンボリックリンクは管理者権限で起動したコマンドプロンプトから作成します。

ディレクトリの確認

まず両者のディレクトリを確認します。

ここでは私の環境のディレクトリ構造なので、各自自身で確認してください。

 

Emacsの設定フォルダが存在するディレクトリが

 

Emacsが設定フォルダを認識するディレクトリ(環境変数HOME)は

です。

 

今回はシンボリックリンクを用いて、Dropbox上にある設定フォルダを%USERPROFILE%ディレクトリ上にあたかも存在するかのように見せかけます。

シンボリックリンクの作成

早速シンボリックリンクを作成します。

シンボリックリンクの作成ディレクトリに同名のフォルダがあると、シンボリックリンクの作成に失敗します。

シンボリックリンクの作成が成功するとリンク成功のメッセージが表示されます。

NTEmacsを起動して無事に設定が反映されていれば成功です。

 

Emacsの設定ファイルとシンボリックリンクの作成
Tagged on:     

コメントを残す