MY NTEmacs

私はLinuxやMacよりもWindows派なのですが、Linuxのコマンドは一度慣れてしまうと手放せませんよね。

簡単なプログラムを作成する時には、はCygwinでディレクトリ操作をして、NTEmacsでコードを書いて、gccでコンパイルして実行するまでをCygwinで行うような感じにしています。

コードの作成から実行までをCygwinで一貫して操作できるので大変便利に感じています。

今回はCygwinのPATHにNTEmacsのディレクトリを追加して、CygwinのコマンドからNTEmacsを起動できるようにする設定を残しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

PATHの設定

Windowsの環境変数PATHと同じ要領で、CygwinのPATHにNTEmacsのディレクトリを追加します。

一時的に追加したい場合は、Cygwinに”PATH=$PATH:ディレクトリ”の形で直接実行すれば登録できます。

 

現在登録されている$PATHのディレクトリはecho $PATHで確認できます。

 

PATHをずっと適用させるには”cygwin64/etc/profile”にPATHの設定を記述します。

 

私の環境は

Cygwinのインストールディレクトリが”C:\cygwin64″

Emacsの実行ファイルがあるディレクトリが”F:\Software\Windows\Program Files(xPb)\emacs-24.5-IME-patched\bin”

です。

 

コマンド形式で実行

PATHの設定ができたので早速CygwinからNTEmacsを実行できるか確認します。

CygwinからNTEMacsを起動

PATHが通っているのでrunemacs.exeが無事Cygwinから起動することができました。

CygwinからNTEmacsを起動する設定 (PATH設定)
Tagged on:         

コメントを残す