岐阜県高等学校 商業実務競技大会 情報処理の部

どうもこんにちわ、高校3年生のこの時期にまだ部活動の参加を余儀なくされている東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

運動系部活動は夏で引退して受験や就職活動に入っているわけですが、未だに放課後は部活動に参加するみたいで進路が不安です(汗)

それはさておき、岐阜県大垣商業高校で行われた「岐阜県高等学校 商業実務競技大会 情報処理の部」に参加してきました。

 

スポンサードリンク

 

★団体5位、東海出場

この大会で団体7位までに入れば東海大会の切符が手に入る結構重要?な大会でした。私達の学校はギリギリ5位に食い込んで、東海大会出場への切符を手に入れました。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

優勝校や準優勝校と2倍程度特典が離されていることは秘密にしておきます。

 

 

★上級の部-個人7位

ついでに、個人の方では上級の部7位で一応入賞することができました。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

上級の部の参加人数については極秘です。(察し)

今まで3年間大会に出場してきて団体で入賞することはあれど、個人で入賞したことは無かったので個人的に結構嬉しいですね。私は情報系の進路を希望していますし、情報系に興味があるので、その系統の大会で入賞できたことは本当に嬉しいです。応用情報技術者試験を通して学んだ力が役に立ったような気がします。

今回2問あるアルゴリズムのうち1問がいい感じに溶けました。フローチャート(流れ図)の数カ所が空白になっていて、底に記号で穴埋めするタイプが基本の形です。本当にそのアルゴリズムが理解できたときは、選択肢を見なくても頭のなかでコードが浮かぶんですね。その頭に浮かんだコードを選択肢から探して、解答用紙に記号を書くという感じで問題が解けて(一部)、問題を解き終わったあとはかなりスッキリしました。ああやって、アルゴリズムは解いていくんですね。今までにない感覚で新鮮でした。(今までは選択肢を穴に当てはめて逆算してました)

アルゴリズムの2問目は、「五目並べ」に関するアルゴリズムで15分考える時間は作れましたが、五目並べを知らない私はギブアップしました(汗) オセロのことかな?とも思ったんですが、なんか違うようでサッパリでした(笑) とりあえず、回答が空白にならないように記号を回答に埋めて終わりました。色々なゲームを知っておいたほうがアルゴリズム関係は解きやすいかもしれません。

 

 

★進路のために

今大会の当初のメンバーは3年生5人だったのですが、今回は3年生3人に2年生2人で参加しました。AO入試の筆記試験対策をやりたいとか、家でゆっくりしたいとかの理由で2名は辞退したようです。まあ、人それぞれ思惑はあるのでしょう。

私も進路が情報系に絞れたので、情報系の能力をつけるために残りの部活動は頑張ろうと考えています。再優先の課題は、情報系の能力、数学・理科的能力、英語能力あたりでしょうか?情報系は(部活動)、数理能力は(塾/自習)、英語能力は(塾/補修/自習)と行ったような感じでプランニングしています。

話がまとめられない……

結論、色々頑張っていこうと考えています。

 

 

岐阜県高等学校 商業実務競技大会 情報処理の部に出場してきました

コメントを残す