どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

文の書き出しを某Youtube投稿者の方のを真似てみました。ハーフの方で英語も日本語もペラペラなんで羨ましい限りです。

関係のない話はそれくらいにして、今日は7月末にヤフーオークションにて購入した「Apple Time Capsule 1TB」の購入レビューをしていこうと思います。

6月のWWDCで802.11acの無線規格を搭載した新型も発表されて発売されていますが、現行機種のデザインよりも旧機種のデザインのほうが好みだったのでヤフオクにて購入しました。

 

スポンサードリンク

 

AppleTimeCapsuleとは

Apple TimeCapsule

AppleTimeCapsuleとは、簡単に説明させてもらいますと記憶媒体を搭載した無線LANルーターです。

Time Capsule(タイムカプセル)とは、米アップル社(Apple Inc.)が開発・販売する、バックアップ用ハードディスクを搭載する無線LANルーターである。2008年1月15日にサンフランシスコで開催されたMacworld Conference & Expo 2008で発表された。
Mac OS X v10.5以降に搭載されているバックアップソフトウェアのTime Machineを使用して、簡単な初期設定のみで全てのデータを自動でバックアップすることが可能。

Time Capsule – Wikipedia
Time Capsule(タイムカプセル)とは、米アップル社(Apple Inc.)が開発・販売する、バックアップ用ハードディスクを搭載する無線LANルーターである。2008年1月15日にサンフランシ …
詳しくはネット百科事典Wikipediaでどうぞ

Youtubeにて開封動画

最近Youtubeをよく使うようになって(今まではほとんど使わなかった)、有名Youtuberの動画を毎日チェックしてたりします(笑)

で、今回も前回同様iPhoneのカメラで撮影したわけなんですが、結構ノイズ?が混じってて画質がかなり汚いですね(泣)

デジタルカメラは暗いところに弱いとは聞いていましたが、かなりノイズが走っててとても見づらい…..明るい朝とかお昼に動画をとれればいいんですが、朝学校に行って部活とか色々して帰ってくると夜の8時とかなんで、動画を綺麗に取る方法を考える必要がありますね。とりあえず、電気で光量を確保するしかないでしょうが。

あとは、そろそろ動画の編集技術を身につけたいとは思うんです。が、正直なにをどうやればいいのかわからず前回同様今回も撮影した動画の前後にiMovieで付け足して終わってます。どうにかして勉強して使えるようにしたいですね。

 

 

TimeCapsuleのレビュー

今記事のメインのレビューです。

正直なところ、今回の商品「Apple Time Capsule」はMacユーザなら手にする製品だと思います。ネットワークの構築は、AirMacユーティリティがWindows版とMac版ともに作られているので、TimeCapsuleとのネットワーク接続は容易に出来ます。

さらに、Macユーザなら1時間毎に増分バックアップをとるTimeMachineとの連携が可能で、1時間ごとに自動でTimeCapsuleの方にバックアップを取ってくれます。私はMacBookProRetinaでこの機能を使っていますが、バックアップをとっている際に処理が重くなるとかそういうのは全くありません。1時間毎に母艦のバックアップを自動でとってくれているので、パソコン故障時のデータ紛失の心配をしなくていいのはとても素晴らしい。

一応TimeMachineはバッファロー製のHDD等でも利用できますが、常にUSBにポータブルハードディスクをつなげておくのは邪魔ですよね。USBポートの1つを占領されますし、ノートパソコンの身動きが取りにくくなります。TimeCapsuleなら無線のWIFIを利用するので、コードに縛られることも無くなります。

 

1週間使ってみて私はそういうように感じました。

MacとTimeMachineとTimeCapsuleの連携は素晴らしすぎて、ユーザがバックアップをとっていることを全然意識しないレベルまで到達しています。

バックアップのための準備をする必要もなく、バックアップ中のストレスもなく、データが紛失したときはバックアップからの復旧が可能。

このようなシステムを個人で簡単に構築できるようになったのだから、驚きです。

Macユーザならぜひ、購入して使ってみてください!!

 

 

ヤフオクにて落札したTimeCapsuleの購入レビュー
Tagged on:     

コメントを残す