DVD Digital Versatile Disc

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

数日前に楽天レンタルでCD20枚を1200円ポッキリで借りてきましたという内容を記事にしました。

【Music】CDレンタル60円(実質)で借りることができる楽天レンタルを利用してみました。 | 電撃林檎-Dengeki Ringo-

私の予定ではCD/DVD/BDを使う予定なんてありませんでしたから、My Macには光学ドライブが一切積まれておりません。コンテンツの入手経路はiTunesStoreを介してねというアップルの方針も有り、現行MacBookには光学ドライブの一切が搭載されていません。

ということで、今回もアマゾンを使ってポータブルDVDドライブのほうを購入することにしました。

スポンサードリンク

 

コストパフォーマンスは抜群!?

BUFFALO ポータブルDVDドライブ

※暗所にて撮影

アップルのUSB-SUPER-DRIVEはストアにて¥8,000程度しましたが、BUFFALO製の本製品はコストパフォーマンスが抜群ですね。

BOOSTケーブルとは一体?

BUFFALO ポータブルDVDドライブ
※BOOST用のケーブル&USB2.0ケーブル

片方が通常のUSBケーブルで、もう片方がBOOSTケーブルです。

バスパワー方式のポータブルハードディスクを使ったことがある人ならわかるかもしれませんが、バスパワー方式で電源供給を受けると動作が不安定になる場合が環境によって起こります。

バスパワーによる電力不足を補うためのケーブルがBOOSTケーブルというものです。

私の初見の感想としては、無駄にケーブルが増えるだけなのでいらなかったんじゃないかなと思います。大抵パソコンのUSBポートに直挿しすれば、電力不足にはなりませんもん…。

本製品の総評

ポータブルDVDドライブで¥3,500はかなり安い製品だと思います。

CDを20枚読み込んでみましたが、問題なく読み込みもできていますから、お手軽価格でコスパのいい製品かなと思います。

気になる点としては、BOOSTケーブルを採用しているためケーブルがごちゃごちゃする点。

私の環境ではパソコン側(iTunes側)からならベリファイしてCDを取り出せますが、ハードウェアのボタンからベリファイすることができない点がちょっぴり不満です。バグなのかな?

Mac対応のポータブルDVDドライブを購入しました
Tagged on:         

コメントを残す