2015年もいよいよ2月に入りました、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

去年の冬頃にMacBookProからMacBookAirに乗り換えた際に、容量不足解消のために TranscendのJetDriveというメモリーカードを購入ました。

どうしてこのメモリーカードを選んだのかというと、MacBookは不思議なことに通常のSDカードを奥まで挿入することができません!

え?どういうこと?と、思う方もいると思うので参考画像の方も載せておきます。


macbook sd card

持ち歩き前提のノートパソコンで無駄な出っ張りはものに引っかかったり、デザイン性を損ねたりと良いことがありません。

案の定、そういった需要があるのかMacBookに最適化されたメモリーカードがいくつかの会社から販売されているようです。

スポンサードリンク

Photo Review:JetDrive


Transcend JetDrive 1


Transcend JetDrive 2


Transcend JetDrive 3


Macbook air


Transcend JetDrive mac


Transcend JetDrive macbook

外観を損ねずストレージ増築

MacBook専用のメモリーカードということだけあって、通常のメモリーカードよりも高めの価格になっています。数売れないので仕方ないですね。

ですが、価格が割高なだけあってピッタリMacBookとフィットして、MacBookのデザインに溶け込んでくれたので私としては満足しています。

この製品は64GBモデルと128GBの2パターン展開されていて、私のMacBookのストレージは128GBしかないので、今回128GBタイプを購入しました。

はじめは

Mac本体 Macのアプリ クラウド系 Windows(VMware)
SDカード 写真 映像 Linux(VMware)

上のような構成で使っていたのですが、予想とは裏腹にSDカード上にゲストOSを置いても問題なく動いてくれたので今は

Mac本体 Macのアプリ クラウド 写真&映像
SDカード Windows(VMware) Linux(VMware)

のような構成にしています。

最初の構成だと結構ストレージがカツカツで頻繁にストレージ容量を気にする必要がありましたが、2つのゲストOSを外部ストレージに退避させることができたので、ストレージを気にする煩わしさから開放されました。

 

私の仮想Windowsはオフィス用途のみなので外部ストレージでも十分動いてくれたようで、MacBookが一段と便利になってくれました。データの読み書きを大量にさせる場合は、読み書き速度がボトルネックに成るケースが発生すると重います。

一応、ベンチマークツールの結果も載せておきます。


transcend jetDrive spec

ただし、この製品全長が短いので通常のSDカードリーダー等を利用はできないはずです。カメラや他のPCで利用することができませんから、基本MacBookにつけっぱなしで使う人向けの製品でしょうね。

用途に合う方はかなり満足の行く製品だと思うので、MacBookのストレージ不足に悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょう?

 

MacBook専用SDカード「Transcend JetDrive」購入&レビュー
Tagged on:

コメントを残す