G-SHOCK Wallpaper

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

配送アルバイト用のタフな時計が欲しい

もともとCASIOのEDIFICEが丈夫だったので配送のバイトでも使っていたんですが、クロノグラフで重たくタフな仕事についていけずヘタりはじめました(泣

ぶつけたりしても大丈夫な、頑丈な時計が欲しいなということで有名なCASIO G-SHOCK DW-5600E-1Vを購入してきました。

 

スポンサードリンク

 

空挺・特殊部隊御用達のタフな時計

タフな時計が欲しいと思いG-SHOCKに絞りましたが、G-SHOCKシリーズは初めてなので度のモデルを買おうか悩んでいた時、米Amazon.comの翻訳レビューを読んでこのモデルに決めました。

以下、翻訳サイトの引用です。

● 「軍人の時計」
 評価:★★★★★

私は空挺部隊で3年間、兵士としての任務に就いていた。この時計は泥の中や水の中、極寒の地でも着けていたものだ。飛行機からパラシュートで降下する時も、砂漠でも、ジャングルでも、実弾を使用する作戦でも、常にこの時計と行動を共にした。

この時計は決して私の期待を裏切らなかった。いつもきっちりと正確に時を刻んでくれた。とうとう電池が寿命を迎えたので、新しいものを買うことになってしまったが、この時計は役立つ機械の殿堂に入るものだと思う。

極限の状況にも耐え、何があろうと役目を果たしてくれる時計が欲しい人におすすめしたい。

● 「AK-47のデジタル腕時計版」
  評価:★★★★★

普通なら、私はデジタル腕時計を欲しがったりはしない。一般的にはアナログ腕時計のほうが見栄えもするし、時間の流れも把握しやすいものだから。しかし今回は色々調べた末、機能面と、頑丈で信頼出来るという評判を重視して、このクラシックなカシオG-SHOCKを購入することにした。

この時計は、相当に考え尽くされた上で設計されたのだろう。G-SHOCK特有の頑丈さだけではなく、時を刻む正確さも素晴らしい。私の電波時計と比べているのだが、どれだけ時間が経っても、せいぜい2~3秒程度の狂いしか確認できない。

この時計が軍隊の特殊部隊隊員に人気があるのもうなずける。なぜNASAが宇宙船内での利用に許可を出したかも理解できる。確かに、80年代のレトロデジタル腕時計風の見た目で、あまり格好の良い時計ではないかもしれないが、機能的には非常に洗練されている。スポーツウォッチとして、強くおすすめさせてもらおう。

● 「同じ電池で19年」
  評価:★★★★★

私は1988年から2007年現在までこの時計を使い続けているんだが、電池はまだ切れてないんだぞ! 私のミスで木の枝に引っ掛けてしまったことがあったから、リストバンドだけは一度取り替えたんだが。

私は世界中至る所を旅したもんだが、何処へ行くにも、この時計と一緒だった。2000ドルもするオメガのダイバーウォッチも持っているが、自転車に乗る時、ハイキングする時、スキーで滑る時なら、断然カシオの方を使うね。オメガを壊してしまうのが怖いから、スポーツするときはカシオを頼りにしてしまうとも言えるわけなんだが。

ただ、この時計のことは最大限におすすめするよ。そう言えば、キアヌ・リーヴスも映画「スピード」でこの時計を着けていたね。

丈夫な時計がほしいとは思いましたが、ここまで丈夫な時計が存在することに正直驚いてしまいました(笑

時計は消耗品、5年も持てば十分だろうという考えも覆されました。

ここまで耐久性・信頼性が高評価な時計、自分で使ってどのくらい持つのか試してみたい気持ちもでてきてこの時計に決めました。

 

DW-5600E-1V:フォトレビュー

DW-5600E-1V 01

DW-5600E-1V 02

DW-5600E-1V 03

DW-5600E-1V 04

 

耐久能力は数年後レビューにて(笑)

耐久度は実際に使ってみないとわからないので、耐久レビューは数年後となります(笑)

機能の方は時計、アラーム、タイマー、ストップウォッチの4つ。

逆輸入モデルなので取扱説明書は英語版になっていましたが、そこまで複雑な機能はないので操作は簡単に覚えることが出来ました。

装着した感じも自然に馴染む感じで防水機能も付いているので、いつでもどんなときでも使っていけそうです。

サウンドを有効にしておくと1時、2時、3時、・・・でピッピッピと音がなるのが個人的に嬉しい機能でした。

あ、時間が変わったんだなと作業をしていてもわかるので時間間隔がつかみやすくて助かります。

核兵器にも耐える時計(誇大)、ガンガン使っていこうと思います。

 

 

CASIO G-SHOCK DW-5600E-1Vを購入レビュー
Tagged on:         

コメントを残す