RX 78 2 93 2

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

前回記事に引き続いて早速RX78-2ガンダムの方を組み立てていこうと思います。

【ガンプラ】ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクのガンプラ(HG)とクラフトツール 購入レポート | 電撃林檎-Dengeki Ringo-

スポンサードリンク

 

RX78-2ガンダムの組み立て作業

RX78-2ガンダムのガンプラの外箱

ガンプラ中身

箱を開けると沢山のパーツ類とカタログが1枚

RX78-2ガンダム 素組完成

とりあえず素組でできたガンダムがこちら

RX78-2ガンダム素組 正面

RX78-2ガンダム素組 横

RX78-2ガンダム素組 背面

どや

コアファイター

600円程度のガンプラで且つ素組みでこんだけガンダムを再現出来ているんだからすごいよ、バンナム!!

でも、コアファイターの配色がぁ….こんなんならいらないんじゃ?

ガンダムの製作時間も計測したところ、開封から完成までに2時間10分かかりました。

胴体組んだところで首が通常の5倍ほど長くなってしまうミスをしてしまい20分くらい四苦八苦してましたから、普通に作れば2時間以内に終わりそう。

 

RX78-2ガンダム 墨入れ版完成

お次は、スミ入れ作業!

ガンプラ系のウェブサイトに墨入れをしてみるともっと迫力が増すとあったので、見よう見まねで墨入れをやってみました。

墨入れ RX78-2ガンダム 正面

墨入れ RX78-2ガンダム 横

墨入れ RX78-2ガンダム 背後

どうでしょう?

白いカラーリングで凹凸の合った部分にブラック系のガンダムマーカーで色を付けてあげるだけで、色にメリハリがでて見栄えが良くなったように感じます。

スミ入れ作業が本当にこんなんでいいのかはわかりませんが、とりあえず見栄えUPという目的はだいたい果たせました。

今回スミイレした部分は

  • 頭部の排気口?
  • 肩・腰周りの窪み
  • ビームサーベルの持ち手部分
  • 脚部の凹凸
  • 動体(コアファイター)部分のライン沿い

 

RX78-2ガンダム ポージングギャラリー

RX78-2ガンダム ポージング1

ラストシューティング ポージング

1枚目は機動戦士ガンダム1stの第2話あたりで、サイド7から脱出するシャアを狙い撃とうとするシーン

2枚目は機動戦士ガンダム1stの第42話でシャア・アズナブルの搭乗するジオングと撃ちあう有名なシーン(ラストシューティング)を再現してみました。

 

時間はそれなりに掛かりますが、値段の割には再現率も高く、ポージングも結構色々取れるので面白いですね。

残りガンキャノンとガンタンクが積んでいるので、モチベーションが高い間に作ってしまおうと思います。

 

 

HG RX-78-2ガンダムの組み立て&墨入れ?
Tagged on:     

コメントを残す