WordPress

どうもこんにちわ、東邦烈日 (@Toho_Rekka)です。

先日のAmazonJS(Amazonアフィリエイト)導入に続いて、今勢力を増しているソーシャルボタンを設置してみたので導入動機とか導入した感想なんかをまとめていきます。

 

スポンサードリンク

 

ソーシャルボタン導入のきっかけ

WordPressでサイトを作り始めてから2ヶ月目にしてやっとソーシャルボタンをこの「iRailgun’s Space」にも設置してみました。

今回ソーシャルボタンを導入したきっかけは、サイトの訪問者数UPのためにはてなブックマークのボタンを設置したいなと思ったのがきっかけです。

まあ、はてブ登録されるかはさておき、今の時代ソーシャルの力は大きいですから付けてみたいなと、思ったのもあります。

WordPressでサイトを構築するときのメリットは、やっぱり豊富なプラグインとカスタマイズ性ですね。

「自分のサイトに○○の機能を付けたい」と、思ったら自分みたいなWeb初心者でも設定とかCSSを少しいじるだけで実装できてしまうんだから、素晴らしいですね!!

 

参考にしたサイト

まずは、比較的何処のサイトでも導入されている記事タイトルの上部と記事終端に設置されているソーシャルボタンを設置するには「WP Social Bookmarking Light」を導入することで実装しました。

このプラグインはかなり優秀で、あらかじめ主要なソーシャルボタンは予め設定されているの自分が使いたいソーシャルボタンを決めてチェックを入れるだけでOKでした。

WordPressプラグイン15選!最高の集客効率と機能性を出す組み合わせ
WP Social Bookmarking Light導入の参考①

ただ、デフォルトでは記事タイトル上部のみにしか表示できないので、わかりやすく説明されているサイトを参考にCSSを変更して記事タイトル直下と記事本文終端Both設定を追加しました。

WordPressブログの作成時に必ず導入しているプラグイン10選
WP Social Bookmarking Light導入の参考②

WP Social Bookmarking Light1導入の結果、見栄えが良くなりました!

複数のソーシャルボタンが簡単に置けるので、○○のアカウント持ってないからShareできないってことになることも回避できそうですね。

 

お次はユーザ追尾型ソーシャルボタン「Sharebar」の導入です。

追尾型といえば追尾型広告なんかもたまに導入しているサイトもありますよね。

あれのソーシャルボタン版です。

これはいい!WordPressのプラグインSharebar | オヤジのための快適ITライフ
ShareBar導入の参考①

ソーシャルボタンSharebar(シェアバー)の使い方と設置方法。WordPressプラグイン。|IAO – In advance only –
ShareBar導入の参考②

Sharebarは追尾型ソーシャルボタンなので、記事の内容が多い記事を読んでもらう時に重宝しそうですね。

記事内容が短い記事は、記事上端下端のソーシャルボタンがすぐ近くにありますからクリック率はいいはずです。

でも、記事が長くなるとその分上端下端のソーシャルボタンは遠いので、追尾してくれるソーシャルボタンはかなり優秀じゃないかと思い導入しました。

 

導入してみて

ソーシャルボタンを導入してみて、やっとここらでブログらしくなってきたかなって感じがしています。

ブログでありながら、今の今までソーシャルボタンをつけることを忘れていた自分に驚愕ですよ。

ここ最近WordPressについかした機能は、「アクセスの多い記事を表示」「GoogleAdsense(広告)」「Amazonアフィリエイト」「訪問者カウンター」「ソーシャルボタン」「関連記事表示」「スマートフォン対応」と、まあこんなかんじですね。

2ヶ月かかってしまいましたが、わりとそれなりのWebサイトになってきたんじゃないかな?

あとは、ユーザがシェアしてくれると入れた甲斐があるってもんですね。

って、シェアしてもらえる有用な記事を書けば自然とシェアしてもらえるようになりますか(笑)

今後の課題は、GoogleAdsenseとAmazonSearchWidgetの設置で崩れたレイアウト・デザインを修正することですね。

機能はいい感じになったんですが、ちょっと強引に設置した感じが….

と、これにてソーシャルボタン導入記事の備忘録終了

 

WP Social Bookmarking Light&Sharebar(ソーシャルボタン)を設置してみました
Tagged on:     

コメントを残す